FC2ブログ

記事一覧

人形館の殺人/綾辻行人

「館シリーズ」第4弾です。父親が残した京都の屋敷に母親と移住してきた飛龍想一。屋敷のあちらこちらに配置された不気味なマネキンにより「人形の館」と称されていた。想一は館に潜む見えぬ脅迫者、時折フラッシュバックする脳裏の映像、周囲で次々に起こる異変と殺人に怯え続ける。そして、学生時代の友人、ミステリー愛好家の島田潔に助けを求めるのだが。ひょー!これまた異色!こりゃ犯人わからないわー!怖い怖い!綾辻行人...

続きを読む

迷路舘の殺人/綾辻行人

綾辻行人さんの「館」シリーズ第3弾。建築家中村青児が手掛けた一風変わった館での連続殺人の謎をミステリー愛好家島田が謎解きをする。館の主は推理小説家、そこに集まった面々も若手推理小説家と関係者。果たして彼らが殺害された真相は?最後の最後で????正に頭の中が迷路状態。え?え?え?なに?なに?なに?みたいな。まんまと罠に嵌められてしまいました。シリーズどれもテイスト違って飽きないですね。迷路舘の殺人綾...

続きを読む

水車館の殺人/綾辻行人

綾辻行人さんの「館」シリーズ第2弾。今回は仮面をかぶり車椅子に乗った館主とその妻である若き美少女が住む水車館での不可解な殺人。「十角館の殺人」にて活躍した探偵擬きの住職の息子島田が又もや事件の謎を解きます。何となく犯人の目星はつきましたが、スピリチュアルな要素も最後にチラリと。しばらくこのシリーズ読み進めようかな?水車館の殺人綾辻行人...

続きを読む

十角館の殺人/綾辻行人

大学のミステリーサークルの7人の面子は半年ほど前に建築家中村青児らが殺害された孤島に1週間滞在することになった。孤島には変わり者の中村青児が設計した十角形をした館、十角館が残されている。そこで新たな連続殺人が起きることに。果たして真相はいかに?読み返すとあちらこちらに伏せんが。7人のメンバーしか居ない陸の孤島で起きた殺人、犯人は内部の者なのか?外部から侵入した者なのか?はたまた中村青児は生きている...

続きを読む

騙し絵の牙/塩田武士

大泉洋を主役に想定して書かれた小説。舞台は出版業界。そこでやり手の中堅処の速水は持ち前の明るい個性を武器に次々と壁を乗り越えていくかのように見えたが、ウェブサイトが紙物世界を侵略し始める。あくまでも編集者として信念を守り抜いて行けるのか!そこへもって家庭でのいざこざ。頑張れよーとエールを送りながらラストへ。ん?まんまとやられましたね。そう来たかー!でした。騙し絵の牙塩田武士...

続きを読む